しずおかで働く
魅力を知る

しずおかの森林で働く魅力や、やりがいなどの情報をお伝えします。
森林技術者の1日、先輩の声、ゆとりのあるくらし、機械化など

現場1日レポート

木を伐っているイメージはあるけれど、一体どんな1日を過ごしているの?
そんな疑問をお持ちのあなたへ。林業現場の1日を紹介します。
勤め先によって多少の違いはあるものの、森林技術者のとある1日を見てみましょう!

  • MORNING
  • 7:00 出社、朝礼

    林業の朝は早いです!ミーティングで作業内容、危険箇所、連絡事項などを確認。事務所からはみんなで乗り合わせて現場へ向かいます。

  • 7:40 現場到着

    現場に着いたら、身支度を整え、相棒であるチェーンソーの刃を研ぎます。刃ものは常によく切れる状態に!1日の終わりに行う人もいます。

    現場到着のイメージ
  • 7:50 作業開始

    主な仕事はチェーンソーによる伐木作業。
    1日に伐る本数は平均30〜40本です!!

    作業開始のイメージ
    作業開始のイメージ 伐った木を重機で作業道の脇に寄せます。
    作業開始のイメージ 先輩が出荷に適した長さに切った丸太を、このフォワーダで土場へと運びます。
  • 10:00 休憩
  • 12:00 昼食

    山の中でのお昼は美味しい!
    食べた後は昼寝。

  • 13:00 作業開始

    運んで来た丸太を太さや長さや品質に合わせて約8種類ほどに仕分けて土場に置きます。ここから先は運搬専門の先輩がトラックに乗せて運び出します。

    作業開始のイメージ
  • 14:30 休憩
  • 16:00 作業終了
  • 16:40 帰社

    会社に戻ったら日報を書いて終了。
    お疲れさまでした!

  • 16:45 帰路に就く
  • EVENING

「森林プロフェッショナルの1日」

制作:公益財団法人静岡県グリーンバンク

しずおかの森林で働く魅力

静岡県には林業に関するいろいろな仕事があり、沢山の先輩方が活躍しています。
今回は、「森林技術者」「森林施業プランナー」として
静岡県の経営体で活躍する先輩方に、静岡県の林業の仕事の魅力について語ってもらいました。

新卒者の写真

新卒者の声

森林組合おおいがわ
大橋金誠さん(林業歴1年)

「小さな頃から遊びが“自然”のものしかありませんでした」という大橋さんは、生まれも育ちも島田市の山間部。大好きな地元に貢献したいという想いから、就職先も地元を選択。

塗装工や鳶も経験したが、林業が今までで一番楽しいと語る大橋さんは、「指導の仕方も、ただ見て覚えようではなく、理論をきちんと説明してくれます。みんな優しいし、自分と同じ目線で話してくれるのが嬉しい」

そんな大橋さんは休日にバイクで山を走り、温泉に浸かるのが楽しみなのだそう。

「早く仕事を覚えて、山に恩返しをしていきたいです」

森林施業プランナーの写真

森林施業プランナーの声

富士森林組合
石川正和さん(林業歴10年)

「自然を相手にするスケールの大きな仕事で、環境問題の解決にも貢献しているという自負があります」

森林施業プランナーの仕事について語る石川さんの表情は、自信と誇りに満ちていた。手入れをするべき森林の発見から、所有者への説明、伐採計画の立案に施業の監督、お金の精算まで、プランナーの役割は幅広く、責任も大きい。

しかし、それだけに達成感もやりがいも大きいのだそう。そんな石川さんも、就職した時点では森林についての知識はゼロ。スギとヒノキの見分けもつかなかったとのこと。大学では経営情報を学び、他社の内定も得ていたのになぜ現職を選んだのか。

最大の理由は、地元富士宮とその自然が大好きだったから。就職して2年程は先輩プランナーの下で学び、3年目くらいから一人で仕事を任されるようになった。森林施業プランナーの資格を取得したのはちょうどその頃。現在は、林業技士の資格も視野に入れているという。

最後に、「プランナーには、森林経営に関わる多種多様な職種の方々の力を引き出し、まとめる力が求められます。ですから、性別に関係なく、コミュニケーション能力の高い人が向いていると思います」とアドバイスをくれた。

女性技術者の写真

女性技術者の声

森町森林組合
池谷芹菜さん(林業歴2年)

東京都伊豆大島出身、林業歴2年。2013年、池谷さんが中学3年生のときに台風による土砂災害があり、身近な場所で起きた被害を目の当たりにしたそう。森林が適切に管理されていなかったことも甚大な被害の要因であると知り、そこで林業への興味が芽生えた。

「磐田市にある県立農林大学校(現:県立農林環境専門職大学)へ通い、さまざまな山を見てきたなかで森町の山が気に入り、森町森林組合へ。まだ研修生の立場ですが、自分たちの仕事で山が綺麗になるたび、達成感を感じている」と語る。

さらに、今後について「いろいろな技術を身につけて、まずは迅速かつ安全に作業できるようになりたい。女性の林業従事者が増えていって、男性が多い職場でも、女性の働きやすさを考えていけるようになるといいなと思っています」

そんな彼女ですが、休日は意外とインドア派。ゲームが好きで、現在は「キングダムハーツ」にハマっているのだとか。

移住者の写真

移住者の声

いなずさ林業
岩本祐泰さん(林業歴3年)

釣具メーカーのフィリピン支社で14年間勤めた後、40歳を機に帰国した岩本さんは、次の居住地に地元の東京ではなく伊豆を選択。「小さな頃から気管支炎喘息などに悩まされていて、東京だと症状が出てしまう。環境の良さを求めて移住を決めました」

林業を選んだ理由は、「開放感のある自然の中で仕事をしたいと考えたから」最初に山に入った時はイメージとの違いに驚いたそう。「手入れがされていない森は、本当に真っ暗で開放感などありません。だからこそ、自分たちの仕事で山がきれいに整備され、太陽の光が通るようになるとすごく気持ちがいいんです」

上司は岩本さんを責任感が強いと評価。「こうした人材が移住してくれることは、過疎化の進む地域にとっても有り難いこと。会社からすると一石二鳥です」と教えてくれた。

バイクが趣味の岩本さんは、休日もトライアルバイクで山に入り、ハンモックで昼寝や読書をするなど、ゆったりとした時間を楽しんでいる。「仕事も趣味も充実している。若い頃から、今の生活を目標にしてきたように思います」その満足度の高さが、心からの笑顔で伝わった。

山で会おう 静岡県の林業

林業の現場作業は原則日没までなので、早く帰宅できる職場が多いです。この特徴を活かして、趣味や家族と過ごす時間を大切にする働き方を実現した方々の声をお届けします。

  • 〜音楽が好き〜 編のサムネイル 〜音楽が好き〜 編
  • 〜自然とくらす〜 編のサムネイル 〜自然とくらす〜 編
  • ~家族との時間~ 編のサムネイル ~家族との時間~ 編
  • ~趣味を楽しむ~ 編のサムネイル ~趣味を楽しむ~ 編

林業で活躍する高性能林業機械たち

切り倒す、枝を払う、短く切るなどの2つ以上の仕事を1つの工程の中でできる
「高性能林業機械」の普及が進んでいます。
高性能林業機械を使用することで作業が効率化し、身体への負担も軽減します。

  • プロセッサ(造材機)の写真
    プロセッサ(造材機)
    枝払い / 玉切り / 集積作業

    道路沿いに集材された木材をつかんで枝を払いながら、木材を設定した長さまで送り出し、先端に仕込まれた刃で一定の長さに切りそろえる(玉切りといいます)機械です。

  • ハーベスタ(伐倒造材機)の写真
    ハーベスタ(伐倒造材機)
    伐倒 / 枝払い / 玉切り / 集積作業

    立っている木をつかみながら切り倒し、枝払い、玉切りまで一貫して行う機械です。

  • フォワーダ(積載式集材車)の写真
    フォワーダ(積載式集材車)
    集材作業

    3~4m程度に玉切りされた木材を、グラップルローダーで荷台に積んで運ぶ、集材専用の機械です。主に森林作業道を走行します。